浦添市民の花といえば?

オオバナアリアケカズラ

浦添市民の花をご存知でしょうか?

市町村では、条例によって花をはじめ、木などいろんなものを指定しているんです。

それで、本日は、浦添市の花、花木、木を紹介したいと思います。

 

「市民の花」といえば、オオバナアリアケカズラ

オオバナアリアケカズラ

オオバナアリアケカズラ

「オバナアリアケカズラ」といって、すぐに思いつく人はどれだけいるんでしょうか。
ワタシは知りませんでした。
とても、キレイな黄色の花ですね。

 

「市民の花木(かぼく)」といえば、オオゴチョウ(大胡蝶)

黄胡蝶・黄紅蝶(オオゴチョウ)

黄胡蝶・黄紅蝶(オオゴチョウ)

オオゴチョウも、ワタクシ的には初耳な名前です。
漢字では「黄胡蝶」や「黄紅蝶」とも書かれ、どれも黄色と橙色の美しい花を、蝶が舞う姿に例えて付けられたようです。

また、サンダンカ、デイゴと並ぶ沖縄三大名花の一つだそうです。

余談ですが、花木(かぼく)と花の違いがよく分からなかったので調べてみたのですが、

花木は、花または果実を観賞するために庭植えまたは鉢植えにして利用される木本のこと

とあります。 まぁ、花と木の中間のような存在でしょうか。

そして、話を本筋に戻します。

 

市民の木といえば、ホルトノキ

ホルトノキ

ホルトノキ

方言では「ターラシ」又は「ターラサー」と呼ばれ、沖縄本島では古来から「カリーの木(おめでたい木)」として知られているようです。樹高は10~15m、葉は5~12cmで、ヤマモモやオリーブに似ているといわれています。

浦添市のメインカラーといえば、黄色で間違いなし!?

浦添市は、市のホームページもメインカラーは黄色ですし、ミスてだこの制服も黄色で、
この市花「オオバナアリアケカズラ」の色が由来ともいわれています。
あと、”てだこ”の意味が「太陽の子」ということから、太陽の色からきているという説も。

浦添市ホームページ

浦添市ホームページ

もし、あなたが浦添市で事業をしていて、コーポレートカラーを決めかねているのなら、メインカラーを黄色系やオレンジに、サブカラーを緑系に纏めると無難な配色になりそうです。

ちなみに、このサイトもそれに合わせて、メインカラーをオレンジに近い黄色(黄色だと見えにくいので)にしています。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る